水道管の凍結

水道管の冬支度

厳しい寒波の到来により気温が下がると、『地上にむき出しになっている水道管』『建物の北側にある水道管』『日陰にある水道管』は、管の中の水が凍って出なくなることがありますので、気をつけて早めに冬支度をしましょう。

水道管の凍結防止

凍結の予防方法として、水道管を発泡スチロール製の保温材や布などで包み、その上からビニールやテープなどを巻いて、保温材が漏れないようにしてください。特に水をご使用にならないときなどは、凍結しやすいので注意が必要です。

蛇口を少し開け、少量の水(箸の太さくらい)を出しておくのも凍結防止に有効な手段です。水道管が破損すると不便なだけでなく、修繕費用もお客様の負担となります。水道管の冬支度は、早めに行いトラブルを防ぎましょう。

お風呂の残り湯は、凍結して水道が使用できない場合でも、水洗トイレなどに有効利用できます。

凍って水が出ないとき

気温の上昇を待つかドライヤーの温風をかけたり、タオルなどをかぶせ、ぬるま湯をかけたりして水道管を暖め解凍しましょう。

※温度の高いお湯をかけると、冷たいガラスコップに温度の高いお湯を注ぎコップが割れるのと同じように、水道管も破裂することがありますので、必ずぬるま湯をかけるようにしてください。

お湯が出ないとき

給湯器が屋外にある場合は、給湯器につながっている水道管が凍結している可能性がありますので、水が出ないときと同じようにドライヤーの温風をあてたり、ぬるま湯をかけるなどして解凍してください。それでもお湯が出ない場合は、給湯器本体の故障も考えられますので、給湯器メーカーなどにお問い合わせください。

水道管から漏水しているとき

メーターボックス内の止水栓を閉め、春日那珂川水道企業団指定給水装置工事事業者(指定工事店)へ修繕を依頼してください。修繕費用はお客様の負担となりますので、複数の指定工事店に見積りを依頼し、事前に修繕金額や工事内容をご確認ください。

なお、マンションなどの共同住宅の場合は、管理会社及び建物の所有者へ連絡してください。

道路で漏水などを発見したとき

道路や宅地内で漏水した水が凍結して、歩行者や自転車が転倒して事故が発生する場合がありますので、漏水を発見した場合は、施設課(092-571-7003)へご連絡ください

このページに関するお問合せ

施設課

〒816-0804 福岡県春日市原町2-30-2

電話:092-571-7003

ファクス:092-574-4988

フォームでのお問い合わせはこちら

開庁時間:
(土曜・日曜日、祝日、12月29日~1月3日は休み)