春日那珂川水道企業団

お問い合わせ

お客さまへ

事業者の方へ

企業団概要

Q&A

contents

水源問題

 

水源問題の概要

春日那珂川水道企業団は、昭和52年の設立以降、春日市と那珂川町の水道水の安定的な供給に努めてまいりましたが、当時の予想を上回る急激な人口増加に水源の手当てが追いつかず、許可を得ずに河川からの取水を行ってきました。このことについて、平成27年9月17日に、県から是正指示を受けました。住民の皆さまと関係各位の信頼を損ね、誠に申し訳なく、心から深くお詫び申し上げます。今後は、住民の皆さまの生活に影響を及ぼすことがないよう職員一丸となり水源の確保に万全を期してまいりますので、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

平成28年4月1日から平成32年3月までは、福岡市から暫定的に原水の融通を受けています。当企業団としましては、融通期限である平成32年3月までに、恒久的な代替水源を確保すべく取り組んでまいります。

なお、恒久的な代替水源の確保、再発防止策の進捗状況につきましては、ホームページで随時報告していく予定です。

 

水源問題発覚後の経緯

2015.10.06 不法取水の早期是正及び給水の確保に関する決議が採択されました。

平成27年10月5・6日で開催された企業団議会において、水源問題に関する決議が採択されました。

不法取水の早期是正及び給水の確保に関する決議

 

2015.12.25 是正計画書を提出しました。

当企業団は、那珂川において河川法に違反した取水を行っていたとして是正指示を受け、是正のための計画書を提出するよう指示を受けておりましたが、 平成27年12月25日、是正計画書を那珂川の管理者である福岡県に提出しました。今後は、この是正計画書に基づいて、河川法違反状態の解消に努めてまいります。

是正計画書

 

2016.01.07 水源問題に関する第三者調査委員会について。

当企業団が河川法に違反した取水を行っていた問題につきまして、本年1月7日から第三者調査委員会による原因究明及び再発防止策の検討が行われています。調査委員会の結果は本年3月末頃に出される予定となっておりますが、当企業団ではこの結果を真摯に受け止め、住民の皆様の信頼を1日でも早く回復できるよう職員一丸となって取り組んでまいりますので、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

第三者調査委員会の主な概要

 

2016.03.22 水源問題に関する第三者調査委委員会報告書が提出されました。

水源問題に係る第三者調査委員会から、平成28年3月22日に、原因究明及び再発防止策についての報告書が提出されました。

水源問題に関する第三者調査委員会報告書

 

2016.03.28 福岡県に恒久的な代替水源を確保するための具体的計画等を提出しました。

福岡県に「恒久的な代替水源を確保するための具体的計画」及び「水源問題に関する第三者調査委員会報告書の提言に基づく取り組み方針と職員の処分について」を平成28年3月28日に提出しました。

恒久的な代替水源を確保するための具体的計画
三者調査委員会報告書の提言に基づく取り組み方針と職員の処分について

 

2016.03.31 福岡県から水利使用許可を受けました。

福岡市から原水を暫定的に融通していただくにあたり、平成28年3月31日に河川管理者である福岡県から水利使用許可を受けました。

水利使用規則

 

 

第三者調査委員会報告書の提言を受けての取り組み

2016.06.01

コンプライアンスハンドブックを作成しました。

今回の水源問題では、住民の皆さまや関係機関の方々との信頼関係を大きく損なうこととなりました。二度と同じ過ちを繰り返すことがないよう、組織全体でコンプライアンスの徹底を図るための職員の行動指針としてコンプライアンスハンドブックを策定しました。今後はコンプライアンスハンドブックを利用した内部研修を実施していきます。

コンプライアンスハンドブック

 

 2016.06.15 顧問弁護士によるコンプライアンス研修を実施しました。

コンプライアンス意識の向上を図るため、全職員を対象に顧問弁護士によるコンプライアンス研修を実施しました。内容につきましては、コンプライアンスに関するさまざまな事例を通し、当企業団の水源問題の問題点について学ぶという形で進められました。今後も職員のコンプライアンス意識の向上を図るため、継続して研修を実施していきます。

 

2016.08.25 コンプライアンス内部研修を実施しました。

コンプライアンスハンドブックを利用し、総務課長によるコンプライアンス研修を全職員対象に8月23,24日の2日間に分けて実施しました。また、研修の1つとして、グループ討議により水源問題を反省し、問題点の振り返りを行いました。二度と同じ過ちを繰り返すことがないよう今後も継続して内部研修を実施していきます。

 

2016.09.01 公益通報制度の見直しについて

今回の水源問題では、既存の公益通報制度が機能しなかったために見直しを行い、新たに弁護士を公益通報の窓口として設置しました。公益通報は、職員の他にも、企業団の請負業者、受託業者、春日市・那珂川町の住民の皆さまも行うことができます。

春日那珂川水道企業団公益通報の処理に関する規則

○ 公益通報ができる事案

企業団の事務事業の執行に関する違法又は不当な事実が対象です。

○ 公益通報の窓口

内部窓口 春日那珂川水道企業団 総務課長
〒816-0804 春日市原町2丁目30番地2
TEL 092-571-7001
E-mail somu@kasuga-nakagawa-suido.or.jp

外部窓口 みらい法律事務所 弁護士 大坪 知弘(おおつぼ ともひろ)
〒810-0023 福岡市中央区警固1丁目12-11 アーバンスクエア警固6階
TEL 092-781-4148
E-mail otsubo@mirai-law.com

○ 通報の方法

公益通報は、書面、電子メール、面談その他の方法により行うことができます。通報する際は、通報者の氏名及び連絡先並びに通報しようとする事実の具体的内容を明らかにする必要があります。

 

2016.10.01 水源問題に関する情報提供のため、広報紙水レターを配布しました。

水源問題についての情報提供のため、広報紙水レター水源問題特集号を配布しました。 また、情報提供の充実を図るため、年3回であった広報紙の配布を年4回としました。

水レター10月号

 

2016.10.24 第1回検証委員会を実施しました。

第1回春日那珂川水道企業団水源問題に関する提言実現のための取組内容検証委員会を実施しました。検証委員会は、水源問題の再発防止策として第三者調査委員会から受けた提言の実現に向け、その取組内容を検証するために設置したもので、委員会は第三者調査委員会の委員4名で構成されています。
次回開催は平成29年3月を予定しています。

第1回検証委員会報告書
平成28年10月21日現在の実施状況

 

2017.3.27 第2回検証委員会を実施しました。

 次回開催は平成30年3月を予定しています。

第2回検証委員会報告書
平成29年3月24日現在の実施状況

 

恒久水源確保に向けた取り組み

企業団は、暫定水源である福岡市からの原水の融通期限である平成32年3月31日までに、必ず恒久水源を確保しなければなりません。
そのため、平成28年3月28日に福岡県に提出した「恒久的な代替水源を確保するための具体的計画」に基づき、企業長を先頭に職員一丸となって恒久水源確保に全力で取り組んでいます。
計画では、目標水量(日量15,400m3)の確保のため、トンネル湧水や深井戸等5つの方策に取り組むこととしています。
なお、進捗状況について適宜、議会、住民及び関係機関に対して報告していくことで、恒久水源確保の透明化を図っています。

恒久水源確保の進捗状況(平成29年7月20日現在)

 

PAGE TOP

春日那珂川水道企業団
〒816-0804 春日市原町2-30-2(アクセスマップ
開庁時間 8:30 ~ 17:00(いずれも土日祝及び年末年始を除く)

春日那珂川水道企業団

【お問合わせ電話番号】
料金課:092-571-7002 施設課:092-571-7003
浄水課:092-408-4649 総務課:092-571-7001 水源対策課:092-571-8401

Copyright © Kasuga-Nakagawa Waterworks Bureau All Rights Reserved.